Nico Nico News Interview: “Shin Megami Tensei IV”

A hint of human life and the unforgotten trauma of which the developer of <Shin Megami Tensei IV> charmingly speaks“. Nico Nico News, Niwango, 2 June 2013. [Japanese]

An overview of this interview in English can be found at Siliconera.


<真・女神転生4>人生のヒントと忘れられないトラウマを開発者が魅力語る

ゲーム制作に込めた開発者の思いを聞く「ゲーム質問状」。今回は人気RPGシリーズの最新作「真・女神転生4」(3DS、アトラス)です。インデックスの山井一千ディレクターに作品の魅力を聞きました。

 −−ゲームの内容について教えてください

RPGです。神と悪魔の戦いに巻き込まれた少年たちが、葛藤しながらも、自分の人生を切り開いてゆく物語です。独特の世界観と、グイグイ引き込まれるストーリー展開は、本作でしか味わえませんよ。また、アクションゲームではないので、反射神経は不要です。どなたにも楽しんでいただけます。

−−セールスポイントは?

ゲーム中、いろいろなシーンで、プレーヤーである「あなた」の「選択」が必要になります。例えば、味方の考え方に同調するかしないか。瀕死(ひんし)の敵にとどめを刺すか刺さないか、など。これらの選択により、物語展開は大きく変化します。プレーヤーごとに、体験する物語が変化するわけですね。テレビドラマや映画、小説では決して味わえない、深い没入感が魅力だと思います。もしプレーされたなら、「自分はこんな物語だったよ」なんてネットに書き込んで自慢しましょう(笑い)。

−−企画のコンセプトは?

「ゲームは幼稚」「ソーシャルで十分」という考え方を払拭(ふっしょく)したいという思いが、企画の出発点です。ゲームでも感動できること。とかく世知辛い人生において、何らかのヒントが得られること。あるいは、忘れられないトラウマになること。本作は、若年層だけではなく、大人の方がプレーされても「なるほど」とご納得いただけるような、シリアスでビターな人間ドラマを目指しました。

−−ゲームの開発で苦労したこと、面白いエピソードを教えてください。

ゲームで「シリアスでビターな人間ドラマ」を実現するのは、並大抵の努力ではできません。そのため僕ら開発スタッフは、4年近くの間、死ぬ気で本作の開発をがんばりました。幸い死人は出ませんでしたので、ソフトを購入されても呪いやたたりはないと思います。どうぞご安心ください(笑い)。

−−今後の展開、読者へ一言お願いします。

本作は、今年でシリーズが21周年を迎える老舗ソフトです。長きにわたって、ユーザーさんにトラウマを与えてきたわけです(笑い)。とはいえ、タイトルに「4」とついてはいますが、これまでのシリーズ作をご存じなくても、まったく問題なくお楽しみいただけます。ぜひ本作を魅力あふれるシリーズの「入り口」にしていただき、皆さんの人生における「何らかのヒント」を得る機会にしていただけたら幸いです。

また、本作の発売日から、ダウンロードコンテンツの販売が開始されています。本作を末永く遊んでいただきたいという考えによるものです。とはいえ、本作だけでも大ボリュームですから、まずは本作をたっぷりプレーしていただき、手が空いたすきに無料コンテンツをダウンロードしてみる、なんて楽しみ方も良いと思います。あれ、宣伝になってないかも(笑い)。

インデックス コンシューマソフトウェア局 第一プロダクション 真・女神転生4 山井一千

Advertisements